車のあれこれ投稿ブログ

繰り返し使えて経済的!使い捨てもできる場所を選ばないタオル「洗って使えるペーパータオル」

洗って使えるペーパータオルとは メーカー 日本製紙クレシア ブランド スコッティ ファインシリーズ 製品名 ・洗って使えるペーパータオル・洗って使えるペーパータオル「プリント」 原材料 パルプ、ポリプロピレン サイズ ・1カット 24.2×27cm(61カット)…

購入から3年経ったのでボディーリフレッシュ+ベースコーティングを施工してみた!

我が家のヴォクシーも早3年。 あっという間に車検です(苦笑) 前々からやろうやろうと思っていDIYボディーリフレッシュとベースコーティングの再施工のプライベート記事にはなりますが、ベースコーティングの感想も兼ねたいと思います。 ※作業に集中し…

キュルキュル音がする?ファンベルトって何?ベルトの必要性を解説!!

車のベルトとは 三ツ星/ミツボシ 補機ベルト 4PK1170L/3PK850 posted with カエレバ オートパーツエージェンシー Yahooショッピングで探すAmazonで探す楽天市場で探す 意外に知らない人も多いですがエンジン単体では回転するだけで電気を作ったりはできませ…

買う前に知っておきたいルペスのビッグフットの種類と違い

DIYの人でも洗車好き、磨き好きなら自ずとたどり着くルペスやフレックスのダブルアクションポリッシー プロの世界では当たり前でもDIYの世界では知っている人の方が少ないのでルペスのビッグフットについての相談相手がいない。 また解説している記事…

プロも使っているルペスのポリッシャーを買ってみた!!

プロの間でもよく使われるルペスの電動ダブルアクションポリッシャーをついに購入したのでレビューしたいと思います。 「高価」「かっこいい」「高性能」なので少しテンション高めな記事になります! ※素人、DIY向け記事です。あと最近磨き、洗車記事が多…

おすすめの水性コンパウンドはこれ!バレットの「BLTコンパウンド」

磨き道具の専門店バレットから販売されている傷戻りが少ない水性コンパウンドがBLTコンパウンドをご紹介! BLTコンパウンドとは 多種多様な自社ブランドのバフや改造したポリッシャーなどプロ向けの磨き道具を販売しているバレットから販売されている…

車を磨くなら水性コンパウンドがおすすめ!水性コンパウンドの特長と解説!

今回は磨きのプロが使う水性コンパウンドの特徴を解説したいと思います。 水性コンパウンドってなに? コンパウンドには油性、水性があり、水が主成分の物を水性コンパウンドといいます。 ただし主成分が水と粒子成分のみだとコンパウンドがすぐに乾いたり、…

詰まったバフの清掃にはトルネーダーエアーガンがおすすめ!

ポリッシャーで磨くとどうしてもバフに詰まってしまうコンパウンド。 コンパウンドが詰まったバフを使用し続けると磨けなくなるだけではなく無駄な磨き傷まで入れてしまいます。 そう言った理由からバフを水洗いで綺麗にし乾燥中に別の綺麗なバフを使う方法…

「車内 水の激落ちくん」と「水の激落ちくん」は中身が同じ物ではないか説を検証

前回の記事でホルツから販売されている車内の内窓汚れに最適なクリーナー「車内 水の激落ちくん」を紹介しましたが、パッケージが似ていて、さらに容器の形が全く同じなのに約半額で購入できるレックの「水の激落ちくん」と中身は同じなのでは?と疑問に思っ…

ヤニ汚れなどをスッキリに落とす内窓クリーナー、ホルツの「車内、水の激落ちくん」

車内 水の激落ちくん 販売元 武蔵ホルト株式会社(Holts−ホルツ) 企画・製造もと レック株式会社 製品名 車内 水の激落ちくん(アルカリ電解水) 液性 アルカリ性 容量 320mL 用途 車内用洗浄剤。しつこいヤニ汚れに。 ホームセンターやカー用品店に置い…