車のあれこれ投稿ブログ

ヘッドライトの構造と種類について




こんばんはryukiです。

 
f:id:ryukiy:20170916005601j:image

 

いきなりですが皆さんはヘッドライトのを明るくするには、明るいバルブに交換すれば良いと思ってないでしょうか?

ほぼ合ってはいるんですが、ヘッドライト本体の構造も実は関係しているんです!!

 

今回は、ヘッドライト本体の種類、構造、重要性について語っていきます。

 

 

・ヘッドライト本体の種類

ヘッドライト本体は主に2種類あります。
f:id:ryukiy:20170915220826j:image

リフレクターヘッドライト


f:id:ryukiy:20170915220859j:image

プロジェクターヘッドライト

この二種類の違いは、ヘッドライトの中が、鏡状になっているか、レンズがついているかの違いです。

またプロジェクタータイプは本体が非常にコンパクトでリフレクターの3/1(車種によりますが)くらいのサイズなので、最近流行りの細目のヘッドライトに多く使用されており、カットライトがハッキリ出るので、ヘッドライトをどれだけ明るくしても対向車が眩しくないと言うメリットもあります(坂道の頂上ですれ違うと、目くらましの様にまぶしいですけど……)

 

 ヘッドライトを見れば愛車がリフレクターなのか?プロジェクターなのか?パッと見わかると思います。

 

【スポンサーリンク】
 

 

・リフレクター、プロジェクターの構造と、重要性

ヘッドライトの構造はとても重要で

リフレクタータイプもプロジェクタータイプも、ヘッドライトバルブで直接前方を照らしている訳ではなく、リフレクター(中が鏡状)で光を反射させて前方を照らしています。
f:id:ryukiy:20170915221323j:image

絵が下手ですいません 笑

リフレクタータイプのH4で説明

ロービームは上から下(黒い線)

ハイビームは下から上(赤い線)

に照らしています(プロジェクタータイプは少し違いますが原理は大体同じです)

これを簡単に例えるなら、太陽の光を鏡に当てて、鏡を動かすと太陽の光を自分の好きな場所を照らせますよね?

そして1つの鏡だと太陽の光は1点にのみ明るい状態になりますが、鏡を何枚も使用して照らすと、全体を明るく出来て、鏡で光を重ねると更に明るく照らす事ができますよね? 

f:id:ryukiy:20170915221403j:image

この原理を利用して、ロービーム時は対向車が眩しくないようにカットライン上部の無駄な光をカットし、さらに必要な場所に光を集中させて、バルブ本来の明るさよりもさらに明るく前方をて照らしているわけです。

リフレクターと言うのは非常に重要な部分なんです。

・カットライトの補足

カットライトが出てない場合、車検不適合になります。

カットライトが出てない原因は下記で説明する、発光位置がズレで出ない事が多いです!

 

・ただし明るさ、カットライトに関しては、リフレクターの劣化で鏡の役割をしなくなり明るさがカットライトが出ない場合とヘッドライト表面が劣化しくすみ出ない場合いがあり、前者はヘッドライトの交換、後者はヘッドライトの表面の磨きが必要になります。

 

・バルブの発光位置の重要性
f:id:ryukiy:20170916001608j:image

 リフレクターの反射で前方を照らしていると説明しましたが、バルブの発光位置が変われば(ハロゲンバルブから安価なHID.LEDに交換した場合)リフレクターの反射を上手く使えなくなり、色んな方向(乱反射)に光が反射し、配光のバラつきが発生して、逆にヘッドライトが暗くなりカットライトがでません

ハロゲンバルブからハロゲンバルブは発光位置は変わらないので、基本的には暗くはなりませんが、極端に安いハロゲンバルブは発光位置を考えて作っていない場合があるので、暗くなる可能性があります。

ちなみに先程は太陽で例えたので、こちらも太陽と鏡で例えるな

昼間は太陽が真上にあったのに、夕方太陽(発光位置)が沈むので、鏡の位置を変えないと、昼間に鏡で照らした場所とは違うところを照らしますよね?

太陽が移動しても、人が鏡を持っていれば鏡を動かすことで、昼間と同じ場所を照らす事はできますが、ヘッドライトはリフレクターが鏡なので位置は変更出来ず固定なので、発光位置がズレればそれだけ、照らす場所が変わってしまいます。

これがヘッドライトバルブをハロゲンバルブからLEDバルブやHIDバルブに交換した時に、見た目は白くてオシャレになるものの、カットライトが出ないし、全く明るくならない原因です。

 

 ・特に安い社外品のLEDバルブは上記の状態になります。

これらの事から価格の高いメーカーバルブのLEDまたはHIDは発光位置をハロゲンバルブと同じ位置にして、リフレクターを最大限に活用するので、カットライトも明るさも出るので、明るさを求めて、バルブ交換する時は高いですがメーカーバルブに交換する事をオススメします!!

 

ハロゲン、HID、LEDのヘッドライトバルブの種類と違いはこちらから↓

 ヘッドライトバルブ 種類 違い - 車いじりブログ

 

 

・ヘッドライト2灯式、4灯式違い

ヘッドライトには2灯式、4灯式と言う種類があり違いとしては
f:id:ryukiy:20170916010930j:image

2灯式 

片側ヘッドライトのロービーム、ハイビーム1本のバルブで切り替えているタイプ。

両側でバルブが2本。

主なバルブ形状はH4
f:id:ryukiy:20170916010624j:image

4灯式

片側ヘッドライトのロービーム1本、ハイビーム1本で計2本で切り替えているタイプ。

両側でバルブが4本。

 主なバルブ形状はH11、HB3、etc

 

2灯式、4灯式と言う呼び方は、ヘッドライト両側でロービーム、ハイビームで何本のバルブを使用しているかと言うことです。

 

・まとめ

・ヘッドライト本体で大事な事は

リフレクター(鏡状)の構造

バルブの発光位置

 

・なぜ安いバルブ(特にLED)は明るくないのか? 

発光位置が違う為、リフレクターを活用出来ていないから

 

・リフレクター活用出来ていないから?

・カットライトも出ない、明るさも足りない=車検適合しない

 

・高い有名メーカーだと?

リフレクターを最大限に活用しているので、カットライトは出る、明るさも足りている=車検適合

 

・カットライトと明るさを出しているのはリフレクターだけど?

劣化してリフレクターが鏡の役目を出来ていない、ヘッドライトの表面が劣化で黄ばむ、くすむ為らカットライトが出ない、明るさが出ない

 

・安いLED、HID などの活用方法

見た目は白くてオシャレなので、前方の明るさを求めないフォグランプに使用する。

ただし対向車は少し眩しい。

 

 

と言うとこですね。

ありがとうございました。

次回の記事もよろしく(^^)/ 

 

【スポンサーリンク】