車のあれこれ投稿ブログ

トヨタ純正バックモニターの種類と画質

 

こんにちは。

 

純正10インチナビの記事に一部書いていますが、さらに詳しくバックモニターについて掘り下げたいと思います。

追記、マルチビューバックガイドモニター欄に最新オプション雨滴除去機能付きマルチビューバックモニターのリンク先を追加しています。

 

 

名称、呼び方

・バックモニター(バックカメラ)

・バックガイドモニター

・マルチビューバックモニター

トヨタ純正のバックカメラには3種類あります。

バックモニター、バックカメラは同じものですが

バックモニターがトヨタの呼び方で

バックカメラは一般的な呼び方です。

 

バックガイドモニター、マルチビューバックモニターは、バックガイドモニターの多機能版、高画質なのがマルチビュー(16年モデル)です。

※各メーカー呼び方は少し違います。

 

 

 

 

カメラの種類、性能、機能

バックモニター

性能

・約30万画素
f:id:ryukiy:20170928224952j:image

・16年モデルは広画角化(144°)

・16年以前モデルは135°

・価格¥19,440円

機能

ガイド線が固定の、後方確認用のカメラです

何も取り付けて無いよりは後方確認しやすいですし、バック駐車もしやすいですね。

また16年モデルから、範囲が135°から144°の広画角化し、見える範囲が増えました。

※一部の車種のみが広画角化対応。 

 

バックガイドモニター

性能

・カメラ本体はバックモニターと同じカメラなので画質、性能は同じです。

・ガイド表示可能
f:id:ryukiy:20170928225023j:image

・価格

バックガイド用キット¥29,160円

車両通信接続用¥17,280

・縦列ガイドと言う、縦列駐車をガイドしてくれる機能もあります(あまり役に立ちません 笑)

・どの車種にも取り付け可能。

 

バックガイドモニターは、ガイド線がハンドル操作と連動して動くので、予想進路(車がどこに位置に行くか)が分かりやすく、バックモニターより、さらにバック駐車を楽にしてくれるカメラです。

 

※バックガイドモニターにするには、別途配線が必要な車種があり、その場合はバックガイド用キットの価格になります。

※車両通信接続は簡単に言うと、バックガイド用キットが元から取り付いている車種で、バックモニターを取り付けるだけでバックガイドモニターになるので、価格が安いです(車両通信接続出来る車種は限定されています)

 

イチオシ☝️マルチビューバックモニター

 

・3種類で唯一マルチビューのみ高精細カメラで高画質化(HD化)

・123万画素(9インチ,10インチナビ装着時のみ)

・高感度カメラで夜間視認性向上

・表示方法が3パターンあり[視点切替]出表示変更

1.ガイド表示、角度144°
f:id:ryukiy:20170927224832j:image

2.ワイドビュー、角度180°、ガイド線固定
f:id:ryukiy:20170927224919j:image

3.ワイドビュー+トップビュー(真下表示)、ガイド線固定

女性にも好評で、距離がつかみやすく、ぎりぎりまで寄せたい時に便利です。

f:id:ryukiy:20170927224954j:image

 ・価格

バックガイドモニター用キット¥35,640円

車両通信接続¥23,750円 

トヨタ純正9インチ,10インチナビとディーラーオプションのマルチビューバックガイドモニターを同時装着すると、少し高いですが123万画素の綺麗な画質のバックガイドモニターになり、夜間も鮮明に映ります。

 

また車種専用10インチナビにバックモニターを取り付け場合は強制的にマルチビューバックモニターになります(笑)


f:id:ryukiy:20170929000004j:image

ただし7インチナビや過去モデルナビはマルチビューバックガイドモニターを装着できても残念ながら、30万画素のバックモニターと同じ画質もしくはマルチビューのオプション設定が無いです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

7インチナビのバックモニターと10インチナビのマルチビューバックガイドモニターの夜間視認性の違い

7インチナビバックモニター画像

f:id:ryukiy:20170927231621j:image

9,10インチ用マルチビューバックガイドモニター画像
f:id:ryukiy:20170927231756j:image

夜間時でもこれだけの差があり、マルチビューバックガイドモニターの方が夜もくっきり見えて、夜間バック時もかなり見やすいです。

追記、最新オプション雨滴除機能付きマルチビューバックモニター

f:id:ryukiy:20171203010638j:image
H29年11月にナビオプションのバックモニターが追加されました。機能詳細、取り付け可能ナビなどの詳細はこちらへ↓

最新オプション!雨滴除去付きマルチビューバックモニターとは?機能は? - 車いじりブログ

 

 

画質の綺麗なマルチビューバックモニターが取り付け可能な現行車種

ヴォクシー、ノア、エスクァイア

アルファード、ヴェルファイア、エスティマ

ハリアー、ヴィッツ、ルーミー、タンク、プリウスα、プリウスPHV.etc…

などなど取り付け可能車種はどんどん増えてます!!

※上記でも説明していますが、9インチ、10インチナビのディーラーオプションがある場合のみです。

  

注意

※プリウス専用9インチナビはなぜか64モデルナビなので、マルチビューバックガイドモニターにしても、元来の30万画素数しかありません。

※ナビレディー設定(ステアリングスイッチとバックモニターがセットになっているメーカーオプション)が有る車種は、ナビレディーのカメラはバックモニターの30万画素で、高画質にはなりません。

 

 

感想

こちらもナビ、後席モニター同様、14年モデルは全くオススメ出来ませんが、16年モデルのマルチビューバックモニターの画質がこれだけ綺麗なら、価格が高くても保証も手厚いトヨタ純正ナビ、カメラを選ぶ価値はあると思います。

トヨタはなぜ画質が綺麗になった事を全面的に押しださないんでしょうね……

 

※最近出た(29年9月現在)アルパインのマルチビューカメラは120万画素あるみたいですね……

去年までは高画質はトヨタの独壇場でしたがついにアルパインも追いついてきました 笑笑

ちなみにアルパインも過去モデルのナビでは高画質にはならないそうです。

 

 

その他純正オプションカメラパーツ

トヨタがなぜか押し出してないけど、個人的はおすすめオプションパーツ  笑

 ブライドビューモニター
f:id:ryukiy:20170928225715j:image

 このカメラはフロントのナンバー周辺に取り付けるカメラでフロントカメラとも言います。

こちらも16年モデルからマルチビューバックモニターと一緒で123万画素の高画質になりました。
必要性としては
f:id:ryukiy:20170928225920j:image
このような狭いT字路で前に車を突っ込まなくても、両サイドが確認出来るので非常に便利です。
しかしパーツ自体の認知度も低く、高画質になっている事もあまり知られていない、ひっそりとした高画質オプションパーツですね 笑

 

コーナービューモニター
f:id:ryukiy:20170928231326j:image

 左側バンパーにをとりつけるカメラで、サイドカメラとも言います。

 必要性としては


f:id:ryukiy:20170928231806j:image

パンパーの左側に取り付ける事で、左側ギリギリまで寄せれたり、駐車場などでバンパーと他の車の距離を確認出来ます。

目で見えるので、当たるか当たらないか心配しなくていいパーツですね。

こちらは残念ながら高画質ではありません。

※両オプションパーツは9インチ、10インチナビを取り付けた時のみ、取り付け可能です。

また取り付け可能な車種もかぎられています。

 

 

 

質問などお待ちしております。

それではまた(^^)/

 

【スポンサーリンク】