車のあれこれ投稿ブログ

ハイブリッド車のエアコン使用時の燃費について

こんにちは。
トヨタのハイブリッド車は
「エアコン使うと燃費が悪くなるの?」
「冷房と暖房どちらか燃費が悪いの?」
と言う疑問を解決したいと思います。   

この記事は
冷房=A/C.ON、暖房=A/C.OFF
の条件で話しをします。
※A/Cとは
エアコンコンプレッサーのAとCを略してA/Cと言い、冷房を付ける時A/CをONにしてないと冷えない、あのスイッチの事です(笑)





目次



ハイブリッド車はエアコンつけると燃費が悪くなるの?



これは答える間でもなく、ハイブリッド車にしろ、ガソリンエンジン車にしろエアコンを使う時点でガソリンを使用するので燃費は悪くなります。

しかし先に答えを言いますが、ハイブリッド車は冷房より暖房の方が燃費が悪くなります。

「なぜハイブリッド車は冷房より暖房の方が燃費が悪くなるの?」

と言う理由を答える前に少しだけ車の冷暖房の構造の説明をさせて下さい。


冷房の構造


構造は家庭用エアコンとあまり変わりませんが
車はエアコンコンプレッサーを電気的又は機械的に作動させて、中に充填されているエアコンガスを循環させて、風を冷して冷房にしています。
(かなり簡単に書きましたが実際の冷房の作用はもっと複雑です)

しかしガソリンエンジン車とハイブリッド車ではエアコンコンプレッサーの作動の仕方が違います。

  • ハイブリッド車

ハイブリッド車は走行中でもエンジンが止まるので冷房が効かなるのを避ける為に、HVバッテリ(ハイブリッドバッテリ)からの電気を利用して電動エアコンコンプレッサーを駆動させています。
もちろん燃費は悪くなります。

  • ガソリンエンジン車

エンジンの力で直接エアコンコンプレッサーを駆動させているので、アイドリングストップ中のエンジン停止時は、エアコンコンプレッサーが作動しない為
「冷風が出ない」
「アイドリングストップが強制解除される」
といった事が起きます。


暖房の構造


ガソリンエンジン車でもハイブリッド車でも暖房の構造は基本は同じで
エンジンを冷す冷却水の熱を利用して風を温めて暖房にしているので燃費が悪くなりにくいです。

ただし暖房は冷却水の温度に左右される為、エンジンかけ始めは、冷却水は冷たく温かい風は出ませんが、エンジンが暖機され冷却水が温まると、温かい風が出始めます。
また暖房でも風を出す為に、ブロアファンモーター(扇風機みたいな物)を動かしたりするので、冷房ほどではないですが燃費は悪くなります。


「冷却水の熱を利用しているのに、なぜハイブリッド車は暖房で燃費が悪くなるの??」
と言う疑問を答えます。


【スポンサーリンク】


ハイブリッド車は暖房の方が燃費が悪くなる理由



上記までを読んで理解してくださった方は、何となく判ったのではないでしょうか?

解らなかった方はハイブリッド車の燃費が良い理由を良く考えてみてください。

ハイブリッド車を簡単に説明すると
エンジンが必要の無い時はエンジンを止めていますよね?=ガソリン消費量を減らし燃費を良くしています。

でも暖房で使用しているのは冷却水の熱ですよね?

つまりハイブリッド車はエンジンが止まるので、走行風(得な冬場の外気温が低い時)などで冷却水がドンドン冷えてしまい、その状態でエンジンを止め続けていると冷却水温が下がり暖房が効かなくなります。

しかし車は賢いので「暖房が効かなくなる」と判断した場合、エンジンの力が必要のない走行状態でも仕方なくエンジンをかけ冷却水を温めます。
エンジン始動させ冷却水を温める=ガソリンを使うので燃費が悪くなります。

燃費よりも快適性の方が大事ですからね。

また外気温が低いと更に、冷却水水温が下がりやすいので頻繁にエンジンが始動されますが、HVバッテリの蓄電量にも限界があるので、充電する必要が無ければ、ただ冷却水を温める為にエンジンを始動させている(走行用でも使用)状態になり燃費が悪くなる原因になります。

簡単にまとめると
暖房で使用する冷却水が冷めやすいので、通常よりも頻繁にエンジンが始動しガソリンエンジン車に近い走行状態になるので、冷房より燃費が悪くなります。



ハイブリッド車の暖房性能


  • 暖房温度は

冷却水温=暖房温度では無く
冷却水温90℃=暖房MAX温度は色々な熱損失により吹き出し口が約30〜35℃位です(暖房MAX温度は車種により若干違います)
これらの事を踏まえて

  • ガソリンエンジン車

常にエンジンが始動しているので暖機後は
・冷却水水温は約80〜90℃
の間なので30〜35℃の安定した暖房を出す事ができます。

  • ハイブリッド車

暖房使用時の暖機後は
・冷却水水温は約60〜90℃
の間で、走行状態によりエンジンが停止し冷却水温が低くくなりやすいので、ガソリンエンジン車に比べて暖房温度が低くなります。

ただしハイブリッド車は暖房温度が低いかわりに、シートヒーターなどが標準装備されています。

結果 暖房性能はガソリンエンジン車と比べ劣ります。



注意



これまでハイブリッド車は
「暖房の方が燃費が悪い」
と説明しましたが、これはあくまでもハイブリッド車の冷暖房の燃費の差の場合であって
ハイブリッド車とガソリンエンジン車のエアコン使用時で燃費を比べても、ハイブリッド車の方が燃費は良いので、そこは勘違いしないよう!!

例え、80ヴォクシー前期場合

通常 暖房 冷房
ハイブリッド燃費 16Km/L 13Km/L 14.5Km/L
ガソリン燃費 10.5Km/L 10Km/L 9Km/L
燃費の差 5.5Km/L 3Km/L 5.5Km/L

※走行状態により燃費は変わるのであくまでも目安です。
ただしハイブリッド車でも冷房の温度を常に1番低く設定している場合は、冷房も暖房と変わらない燃費になります。
暖房使用時に常にA/C.ONの場合だとさらに燃費が悪くなります。






これらの事から僕はハイブリッド車の暖房を、冷却水の熱を使用せずに、電熱線などで温めれば良いのでは?
と思いましたが、やはり電熱線は電気の消費量が多いので冷却水を使用するより、燃費が悪くなるんでしょうね。


それではまた!!

【スポンサーリンク】