車のあれこれ投稿ブログ

オートマチックハイビームとは

こんにちはryukiです。

いきなりですが、最近警察庁が呼びかけている
「夜間走行中はロービームより2.5倍先を照らすハイビームに小まめに切り替えて走行し、危険を早期に発見して事故を減らしましょう」
と言う事をニュースでやっていますが…

「対向車が来るたびに、いちいち切り替えるの面倒くさいだろ!!」
と僕は思いますってか皆も思いますよね?(笑)

しかしそんな面倒くささを解消する便利機能が
オートマチックハイビームなんです!!
それでは行ってみましょう!
トヨタセーフティセンスのオートマチックハイビームの説明になります。


オートマチックハイビームとは


f:id:ryukiy:20171026221443j:plain オートマチックハイビーム作動中に対向車のヘッドライトの明かりを感知するとハイビームを自動的にロービームに切り替え、対向車が通り過ぎるとハイビームに切り替えるシンプルな機能なんですが、意外に便利な機能です!
※ちなみにオートマチックハイビームは英語で略して「AHB」と言います。
オートマチックハイビーム異常時や作動不可時には「AHB異常」などの警告表示が出るので覚えとく、焦ることも減ると思います。


オートマチックハイビーム作動条件


作動の仕方は
「ヘッドライトスイッチをハイビーム」
「オートマチックハイビームスイッチON」
にすると f:id:ryukiy:20171026231510j:plain f:id:ryukiy:20171026231758j:plain 画像のAUTOランプがメーカー内に緑で点灯すれば作動出来る状態で、もちろんハイビームが点灯している時は、青色のハイビームランプがメーター内に点灯します。

作動条件

  • 30km以上で作動
  • 前方が暗い
  • 前方にヘッドライトが点灯した車がいない
  • 街灯の光が少ない

実際に使って気がついた作動
先行車のテールランプにも反応してロービームになるので先行車にも迷惑になりません。



オートマチックハイビームが搭載車されている車種


f:id:ryukiy:20171026225649j:plain ※画像はセーフティセンスCのカメラを参照

トヨタの現行車種のセーフティセンスP又はC付き車であれば単眼カメラで感知しているのでオートマチックハイビームは搭載されています。

セーフティセンスが分からない方はこちらへ↓
トヨタセーフティーセンスC?P?の種類と違い - 車いじりブログ

ちなみに過去車種(セーフティセンス普及以前)はインナーミラーにカメラが付いていて、主に高級車に装備されていますが、車種によりメーカーオプションだったりグレードにより標準装備だったりします。
※上記のミラーにカメラが付いているタイプのオートマチックハイビームは、流用後付け可能性ですが、それなりの知識が必要なのでおすすめしません。


実際の使用感想


市街地、高速道路、街灯が多い場所であれば、街灯や建物の光または看板に反射した自車のライトの光さえ感知して、ロービームになったと思えば、突然ハイビームになったり、はっきり言って無意味ですと言うか迷惑です(笑)

僕も「これは要らない機能…」と思っていたのですが f:id:ryukiy:20171026235254j:plain 画像の様な街灯の無く、たまに対向車が来る田舎道なら、ハイビーム、ロービームをいちいち切り替える必要が無く、オートマチックハイビームの機能が発揮され非常に便利でした。

これらの事から
市街地ばかりで田舎道を走る事が無い人はオートマチックハイビーム機能は意味がないでしょう。




最後に


今更ハイビームにしろしろ言い始めた理由を考えたのですが
最近の新車に多いLEDヘッドライト(プロジェクタータイプ)も関係しているのではないかと思います。
(プロジェクターが分からないかたこちら↓)
ヘッドライトの構造と種類について - 車いじりブログ

LEDヘッドライトが普及し始めた当初多かったのが
「前に比べてヘッドライトは明るいけど暗い」
とご要望が多く
最初は意味がわかりませんでしたが、実際に走ってみると
確かに明るいけど暗いんです(笑)

・理由は
特にLEDプロジェクターヘッドライトでは f:id:ryukiy:20171027005103j:plain 明るい場所と暗い場所の境目がきっちり別れる(カットライン)事でヘッドライトの光を明くしても
「運転手は明るい、対向車は眩しくない」
ようになりましたが、LEDの光は暴光と言っていいくらい明る過ぎるので、最初からヘッドライトの光をハロゲンに比べて下向き調整されている事が多いので光が遠くまで届かないんです。
(凸凹路や坂の頂上付近では眩しい車がいますよね?その眩しい車が大体LEDかHIDです)

「じゃヘッドライトの光の高さを調整して高くすれば見えるようになるの?」
と言う疑問が出てくると思いますが
光の高さも車検適合範囲がありますし、何よりハロゲンと同じ高さにするだけでちょっとした段差などで対向車が眩しくなってしまい、パッシングされやすくなるのでハロゲンより下向き調整しています……


これらの事からプロジェクターヘッドライト(特にLED)の場合は光は明るいんですが、上部は真っ暗+仕方なく下向きに調整されいる事が多いのでロービームで走行していると遠くを照らさないから直前まで人や物が見えないんです……

そういった理由から事故予防にはやはりハイビームを使う事をすすめている理由の1つでもあると思いますが……
市街地ではやっぱりハイビームいちいち切り替えるのが面倒くさいのでもっと精度の高いオートマチックハイビームが開発される事を期待しましょう(笑)

それではまた。