f:id:ryukiy:20180318093353j:plain

こんにちはryuki(リュウキ)です。

そろそろ名前覚えてくれましたか?笑

最近はどこのメーカーも純正オプションで高機能かつ便利なパーツが増えてきましたね!

今回はそんな高機能かつ便利パーツの1つトヨタ純正「電子インナーミラー」の紹介と感想です。

<注意>

現在(H30年3月)トヨタ純正電子インナーミラーは「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」の2種類。

この2つは全く同じ物では無くスイッチの位置や使い方などが若干異なります。

今回紹介するのはノア、ヴォクシー、エスクァイアなどの車種に装着可能な「ディーラーオプション」の電子インナーミラーになります。

トヨタ純正電子インナーミラーとは

f:id:ryukiy:20180318225205j:plain

※トヨタHPより引用

従来のルームミラーの位置に装着されミラー全体がモニターになる「ミラーモニター」に従来のルームミラーや目視では確認できなかった範囲をバックドア内側に装着された「専用カメラ」で広角範囲を映し視界性が向上するパーツが「電子インナーミラー」です。

勘違いされやすいですがバックモニターから映像を映し出す物ではありません

ちなみに製造元はトヨタ純正10インチナビでお馴染みのパナソニックでミラー本体にメーカー名がしっかり打刻されています。

パナ製なら安心ですね!多分(笑)

装着できる車種

  • ヴォクシー
  • ノア
  • エスクァイア
  • カローラアクシオ
  • カローラフィールダー
  • プリウス
  • ジャパンタクシー

現在は数車種のみ取り付け可能ですが、今後はメーカーオプションや装着可能車種が増えていくと思います。
※メーカーオプションは除く

電子インナーミラーの性能と機能、特徴
(メリット)

パネルサイズ 幅約27cm×高さ約8cm
9.7インチディスプレイ
TFT液晶(IPS方式)
画素数 約66万画素
カメラ画角 水平約59.1°、垂直22.7°

9.10インチナビに装着可能なマルチビューバックモニターの画質よりは劣りますが昼夜問わず画質自体悪くありません。

機能、特徴

電子インナーミラーの機能や特徴を紹介していきますが詳しい操作方法は説明書を見れば分かることなので割り合いします。

1、後方が広範囲に見える

f:id:ryukiy:20180319222937j:plain
ルームミラーでは見ない両サイドの位置も、電子インナーミラーの映像だと広範囲に見えます。

<つまりミラーだと約20度の範囲しか見えませんが、電子インナーミラーだと倍の約40度まで見えます!もちろん車種によりルームミラー越しに見える範囲は違うので目安ですけどね

f:id:ryukiy:20180319223254j:plain
また左右だけではなく上下も広範囲に見えます!

2、後方が見やすくなる

従来のルームミラーは人や物などで視界を遮られるので後方が見えづらいもしく見えなくなりますが、「電子インナーミラー」はバックドアに装着された専用カメラからの映像なので遮る物が無く視界性が良くなります。

例えばヴォクシー、ノア、エスクァイアなどのワンボックスカーでは後席モニターが開いた状態や2列目、3列目の特に真ん中の席に人が乗ると視界を遮りルームミラーで後方が確認しくくなりますが、電子インナーミラーなら見えづらさが解消されます。

実際に純正12.1インチが装着されたヴォクシーに乗る僕としてはこの見えづらさが解消されるのが「電子インナーミラー」を装着する1番のメリットだと思います!

3、夜間でも見やすい

f:id:ryukiy:20180320002904j:plain
夜間でもヘッドライトの光が白ボケする事が無く、さらに暗い部分も鮮明に映りルームミラーで見るよりも見やすいです!

また他のモニター同様に夜間はヘッドライトと連動してモニターが減光し眩しくありません。

4、簡単に通常のミラーに戻せる

電子インナーミラー下側のスイッチを「押す、引く」の操作でモニターモードとミラーモードの切り替えが簡単にできます。

また電子インナーミラー自体がワイドミラーなので大きく(量販店で売られているワイドミラーと比べると若干小さい)さらにミラーモードは通常ミラーと変わらない鮮明度があります。

初めて見た時は驚きましたが、ミラーモニターなので鮮明度が悪く見づらそうなイメージでしたが、普通の鏡とほぼ変わりません!!

5、映像を上下左右に動かす事が可能

ミラーモニターに映る映像をスイッチ操作で上下左右に動かす事ができ、自分の好みに合わせた2パターンの映像位置をセット可能です。

スポンサーリンク

デメリット

便利な電子インナーミラーにもデメリットがいくつかあります。

1、圧迫感がある(近く感じる)

f:id:ryukiy:20180320013758j:plain
電子インナーミラー最大のデメリットは、電子インナーミラーが長方形(横長)なのでカメラの映像をそのままミラーに映すとかなり横に伸ばした映像になり逆に見にくい映像になってしまいます。

その為カメラが映せる一部分の映像を横長のミラーモニターに映すので左右は問題なくよく見えますが、上下方向は近くなればなるほど縦に短いモニターミラーでは範囲が狭く見辛くなります。

またルームミラー越し視界の始まりと電子インナーミラーのバックドアに取り付けられたモニターの映像の始まりの位置が違いすぎて後方の車などの対象物がかなり近づいて見え、慣れないうちは後方の車両に煽られているような圧迫感があります。

2、ミラー本体の角度調整できる範囲が少ない

通常のルームミラーはミラーの位置を調整して見える位置を変えますが、ミラーがモニターの電子インナーミラーはミラーが運転手の向きになれば良いだけなので通常のミラーのように自由な角度調整ができません。

スポンサーリンク

まとめ

ワンボックスカーなどはルームミラー越しだと後方がかなり見えにくいですが、電子インナーミラーを装着することでかなり見やすくはなります。しかしカメラの特性上どうしても後方の車両が近く感じ見づらさがどうしてもあります。

より後方を映し出すと言う意味では見やすいとは思いますが、バックモニターの写し方と同じなら距離感が掴みやすくより見やすくなると思うんだけどな〜!!

僕個人的にはいまいちかな。残念!!

以上トヨタ純正電子インナーミラーでした!

関連記事