車のあれこれ投稿ブログ

意外と知らない!イモビライザーの機能を紹介

こんにちは!!

イモビライザーについて機能を勘違いしている人が多いので今回は「イモビライザー」の機能を説明したいと思います!

イモビライザーとは

「オートアラーム」「ハンドルロック」など車の盗難防止装置の1つが「イモビライザー」です。

イモビライザーはスマートキーの車両には必ず装備されている機能、と言うよりスマートキーの一部の機能でもあります。

近年スマートキー=キーレス化された車両が増えてきたので「ハンドルロック」と同じくごく一般的な盗難防止装置になっています。

ちなみに昔のイモビライザー機能は高級車以外はメーカーオプションだったので『イモビライザー搭載車は保険料が割引になる』なってのもありました!現在は割引はありませんが、時代の流れを感じますね(笑)

【スポンサーリンク】

イモビライザーの機能とオートアラームの違い

・機能

車両ごとにセキュリティコード(暗証番号)が存在し、スマートキーやカギに内蔵されていてセキュリティコードと一致した時だけハンドルロックを解除しエンジンを始動させる事ができます。

つまり他人のスマートキーを持っていてもエンジンが始動しないのはイモビライザー機能があるからです!

ちなみに最近の車はセキュリティコードの登録は各メーカーでしかできないようになっていますが、少し前の車であればちょっとした操作で登録もできましたが防犯上詳細は割り合いします!

・オートアラームとの違い

オートアラームも一緒に装備されていると勘違いされやすいですが

・オートアラーム

カギのボタンやハンズフリー(ドアに触れるとロックが解除する機能)以外の方法でドアロックを解除した場合に警報音がなる装置。

・イモビライザー

車両ごとに違うセキュリティコードが登録されていないカギではエンジンを始動させない装置。


どちらも盗難防止装置ではありますが全く異なる機能なのでイモビライザーが付いてるから、ドアをこじ開けられた場合に警報音がなるわけではありません!

またトヨタ車の場合はオートアラームは現在でもほとんどの車種がオプション設定です。

イモビライザー付は盗まれないのか?

一般人から盗まれることは無くなった思います。

しかし窃盗のプロも指をくわえている訳ではなく「イモビライザーカッター」なるイモビライザーを無効にする機器を開発し結局は盗まれてしまいます……

もはやイタチごっこ(笑)

まとめ

イモビライザーは自分のカギ以外ではエンジンを始動させることが出来ない機能ですが、100%盗難を防止できる訳ではないので、カーセキュリティを強化したい場合はオプションのオートアラームや物理的にロックをかけるハンドルバーなどを一緒に装着するかカーセキュリティ専門店に相談することをおすすめします!

以上イモビライザーの機能でした。

それではまた〜!

【スポンサーリンク】