車のあれこれ投稿ブログ

シュアラスター製カーシャンプーの使い方と感想!

シュアラスター製カーシャンプー

f:id:ryukiy:20180724221445j:plain

販売元 シュアラスター
製品名 カーシャンプー1000
容量 1000ml
液性 中性
その他 ・ノーコンパウンド
・全塗装色・コーティング車に対応
・無色、無臭

「ゼロウォーター」などの簡単カーコーティングや洗車用品で有名なシュアラスターの【ノーコンパウンド】【全塗装色・コーティング車に対応】【無色、無臭】のカーシャンプー。

良く見かける通常版は1000ml「S-30」。あまりお目にかかることが無い2000ml入りの増量版「T-28」もラインナップされています。

希釈割合と使用回数

f:id:ryukiy:20180724221525j:plain

  • カーシャンプー50ml(キャップ4杯)水4Lの希釈割合
  • 1000ml で中型車20回分、2000mlで中型車40回分

つまり水1Lでキャップ1杯分(12.5ml)なので希釈割合が計算しやすく、トータルで80Lのカーシャンプーが作れます。

1000mlの実使用回数は軽自動車、コンパクトカーは2〜3Lの希釈で約26回分。ワンボックス、SUVは3〜4L希釈で20回分。

ワンボックスで週1回洗車しても5ヶ月は持つので十分な容量あります。

【スポンサーリンク】

使い方

1、原液をバケツに入れる

f:id:ryukiy:20180724223534j:plain

バケツに規定量の原液を先に入れます。

今回は3Lのカーシャンプーを作りたいのでキャップ3杯分の原液をバケツに入れます!

目盛りが入ったバケツだと水の量が分かりやすいです。

2、水で希釈させる

水を入れて希釈させます。

f:id:ryukiy:20180724223619j:plain

シャワーノズルを使って勢いよく水を入れ泡立てる。

f:id:ryukiy:20180724222642j:plain

ある程度泡立ってきたら勢いを弱くし規定量の水(今回は3Lの水)を入れましょう。

またホースから直接だと泡立ちが悪いのでシャワーノズルを使って泡だてる事をおすすめします

3、洗車

泡立てた泡を使って優しく洗車する!

ちなみに裏技的な使い方ですが、スポンジに少量のカーシャンプーを付けて洗うこともできます。しかしバケツで希釈した泡を使う方が傷は付きにくいのであまりおすすめはしません。

感想

価格と容量がほぼ同じ「シュアラスター」と「SONAX(ソナックス) 」のカーシャンプーは比べられる事が多いですが「汚れの落とし易さ」「泡切れ(泡が消える早さ)」などは実際に使ってみて特に違いは無いと思います。

しかし泡立てた時の「泡のきめ細かさ」は微々たる差ですがシュアラスターが上です。またSONAXは独特な臭いがするので個人的には好きになれない匂いてす。

ただ容量が同じでも原液の割合が少ないSONAXの方が洗車できる回数が多いのでコスパが良いです。


結果、双方使った感じカーシャンプーとしての性能はこれと言って違いは感じないのでどちらでも良いかなと思うので匂いと扱いを除けば後は好みですね(笑)

シュアラスター 洗車シャンプー [ノーコンパウンド] カーシャンプー1000 SurLuster S-30

シュアラスター 洗車シャンプー [ノーコンパウンド] カーシャンプー1000 SurLuster S-30


それではまたー!


【スポンサーリンク】