車のあれこれ投稿ブログ

【ガラスの下地処理】フロントガラスがギラつく?フロントガラスコート塗り込み時のただし知識

市販のフロントのガラスコートご自身でされている人も増えてきたこの頃。

ガラスコートを塗ると気持ちいいくらい雨を弾いてくれて視界性が良くなり運転しやすくなりますよね!

僕も大好きなガラスコートですが中には「ガラスコートしてから雨の日の特に夜は対向車のライトでフロントガラスがギラギラして余計に見にくくなった」って経験がありガラスコートを嫌いな人も中には居るのではないでしょうか?

実は根本的な原因はガラスコートではありません。今回はガラスコート塗り込み時の正しい知識をご紹介します。

【スポンサーリンク】

フロントガラスのギラつき?見にくい?のは油膜が原因

f:id:ryukiy:20180822084550j:plain

フロントガラスが雨の日にギラつき見にくくなるのはガラスコートが原因ではなくほとんどの場合、油膜と言われる油分が原因。

しかしこの油膜は意外に頑固なので洗車したくらいでは落ちないので厄介。

また大量の水を流しても油膜は隠れパッと見は綺麗に見えますが、タオルに水をつけてガラスを拭き取るとポツポツと出てくる斑点模様が油膜の特徴。

さらにフロントガラスは走行中の雨や天井から流れてくる雨など水が流てきやすい部分なので、サイドガラスなどに比べ油膜が付着しやすくなっています。

油膜だらけのガラスにガラスコートをすると雨は弾くけど油膜が残っている為、この油膜が対向車のライトを乱反射させ雨の日の特に夜見にくくなってしまうんです。

つまりガラスコートをする前にガラスに付着した油膜を取ってしまえばいい。ただそれだけのこと。

油膜を取るには油膜取り剤

そのままですが油膜を取るのには市販の油膜取り剤で十分取れるのでしっかり取りましょう!

ちなみに経験上油膜取り剤が配合されたガラスコートは油膜取りからコートが同時に出来るので簡単ですが、油膜とりが不十分になる傾向にあるので別々になったガラスコート、油膜取り剤をおすすめします

f:id:ryukiy:20180822084347j:plain

※画像はウロコ

また勘違いしている人が多いですがガラスが乾いた状態で表面に見える、風呂場の鏡に良くできるシミ?ウロコ?のようなものは油膜ではなくウロコ。

先程も言いましたが油膜は乾いた状態では基本的には見えません

そもそも油膜は油がゲル化して強固になったもの。ウロコはシリカなどがガラスと結合したもの。

しかしどちらも研磨剤が大なり小なり配合された専用の溶剤を使うので研磨剤入の油膜取り剤でも厳密に言えば軽度なウロコなら取れなくはないです。

僕自身軽度なウロコであれば油膜取り剤で時間をかけて取る事もありますが、とにかく時間と労力がかかるので基本的に油膜取り剤では取りません。

またウロコも油膜同様見にくくなる原因にはなりますがフロントガラスの磨きは歪みなどを起こす場合もあり、ウロコが取れたは良いが歪みや傷が酷くて見づらくなることもあるので不用意に磨くのはおすすめしません。ガラスを磨くのは熟知した人やプロにお任せしましょう!

【スポンサーリンク】

油膜を取ることでガラスコートの耐久性も良くなる

f:id:ryukiy:20180822082525j:plain

ボディーのコーティングも同じですが下地処理をきっちりやる事でギラつきを抑えれるだけでなく、耐久性も良くなります。

耐久性が良くなると言うよりは本来の耐久性がでると言った方が正しいですが!

逆にどんなに高級で良いコーティングでも下地処理が適当なら本来の性能も出せずに耐久性も悪くなりただの無駄金になります。

ガラスコートの耐久性を良くする方

余談ですがしっかりと下地処理する以外にガラスコートの耐久性を上げる方法はもう一つだけあります。

あまり現実的ではありませんが「汚れを取るためにウォッシャーとワイパーを使わない」方法です。

皆さんフロントガラスが汚れていたらウォッシャーを使うと思いますがウォッシャーは満遍なく水が飛ばない上に汚れごっそりワイパーで掃くためガラスコートを掃き取っているのと同じ状態。

長年続ける事でフロントガラスの傷の原因にもなりますし、残ったウォッシャーはウロコの原因にもなります。

なのでスプレーボトルに水を入れて車内に置いておき、フロントガラスが汚れていれば満遍なく水を吹付け拭き取るだけで「耐久性は良くなる」「傷もつかない」「ウロコも出来ない」と良いこと尽くしでおすすめなんですが面倒くさいのが難点(笑)

まとめ・感想

油膜を取るとギラつきを抑えれるだけではなくガラスコート本来の撥水性や耐久性が発揮されるので、特に初めてフロントガラスコート塗り込む時は必ず油膜取りはしましょう。

また最初の塗り込み以降はフロントガラスが綺麗な状態かつガラスコートの撥水性が残っているなら無理に油膜取りをする必要はありません。


個人的な意見ですがコート剤を販売している各メーカーもう少し油膜取りの必要性を大きな字で記載するなどして促すべきだと思います。

それではまた〜!!


【スポンサーリンク】