ポリッシャーで磨くとどうしてもバフに詰まってしまうコンパウンド。

コンパウンドが詰まったバフを使用し続けると磨けなくなるだけではなく無駄な磨き傷まで入れてしまいます。

そう言った理由からバフを水洗いで綺麗にし乾燥中に別の綺麗なバフを使う方法なら常に綺麗なバフで磨く事はでき無駄な磨き傷の予防にもなすますが
、この方法だとバフ数枚(最低でも3枚は必要)が必要ですがトルネーダーエアーガンがあれば詰まったコンパウンドを簡単に取り除くことができ優れ物をご紹介します。

トルネーダーエアーガンとは

f:id:ryukiy:20190220214001j:plain

通常のエアーガンは直線的なエアーを出すのでこびり付いたコンパウンドを除去するのには不向きですが、トルネーダーエアーガンは高速回転するノズルから渦巻状に放出されたエアー(パルス=衝撃波)を当てることで、こびり付いたコンパウンドも簡単に取り除くことができます。

驚くほど簡単に取り除けてロングウールバフだと毛がフカフカになります!!

ただしトルネーダーエアーガンを使用するにはエアーコンプレッサーが必要なのでDIYには少し敷居が高い気がします。

スポンサーリンク

おすすめはこれ!

メーカー G&T
製品名 SUPERトルネーダーGT-X
用途 バフ、カーマット清掃用。

僕も愛用しているG&Tの「SUPERトルネーダーGT-X」

はっきり言って他の製品より高いです……

f:id:ryukiy:20190220214028j:plain

しかし他の安い製品とは違いノズルの付け根の回転部分にベアリングを使用しておりノズルがスムーズに回転し更に規則正しい回転をするのでパルスが強く洗浄力が高いです。

f:id:ryukiy:20190220214051j:plain

さらにエアーレギュレーターが標準装備されているので吐出量も調整可能。

また安い製品に多いのはノズルが消耗品で定期的に交換が必要ですSUPERトルネーダーGT-Xは消耗品がないので耐久性が良くなってます。

なので多少高価で消耗品がないこちらのトルネーダーガンの方がコスパが良いのでおすすめでも!

スポンサーリンク

使用感想

f:id:ryukiy:20190220214121j:plain

コンパウンドが詰まって毛がねているウールバフをパルスで綺麗にしたいと思います!

f:id:ryukiy:20190220214152j:plain
f:id:ryukiy:20190220214216j:plain

どうですか?洗ったばかりもしくは卸したてのバフように綺麗になります……と言いたいところですがこのバフはだいぶ傷み毛が抜けているのでモフモフ感がわかりづらいですね!今後わかりやすい画像に差し替えます(笑)

ただのエアーガンだとここまで綺麗になりません。

ちなみに水洗いするとボロボロになりやすい薄いタイプのロングウールバフはエアブローだけで綺麗になるのでそのまま保管できバフ自体の耐久性もよくなります!

f:id:ryukiy:20190220214235j:plain

ただしウレタンバフは水洗いしたほうが綺麗になります!

ウレタンバフは洗っても長持ちするので僕は水道水の水圧でコンパウンドを洗い流し、一度ポリッシャーにバフを付け回転させて水分を飛ばした後にトルネーダーエアーガンでエアーブローで清掃しています。

f:id:ryukiy:20190220135609j:plain

特にウールバフの場合はこの方法で清掃することで詰まったコンパウンドによる無駄な傷が入ることなく定期的なエアーブローだけで1枚で全周磨けますね!

ちなみに同じバフに違う種類のコンパウンドは磨きとしてはご法度。しかしバフは安いものでは無いのでDIYでは一度に大量には買えないのが現状だと思います。

車1台分磨くのに水洗いで清掃していたら1つのコンパウンドに数枚のバフが必要になり経済的ではないですが、しかしトルネーダーエアーガンさえあればDIY磨きで1つのコンパウンドに1バフで良いのでも一度に大量のバフストックも必要ありません。

もちろんコンプレッサーが必要になるので『DIY磨き全員におすすめ』と言うわけにはいきませんが、磨き作業を定期的にする人であれば寿命を縮める水洗いを繰り返すことでコンプレッサー代も取り返せますし、コンプレッサーは他の用途にも使用できるのであって損はしないとおもいます!

まとめ、感想

f:id:ryukiy:20190220214300j:plain

僕自身ロングウールを多用していますが、使用後水洗いをしていた為か毛の抜けが早くて耐久性が悪く高頻度でバフを入れ替えていました。

もちろん磨きに使えなくは無いですがあまりに毛が少なくなると地が当って無駄な傷の原因になりますからね。

まぁはっきり言ってトルネーダーエアーガン高いし無駄な気がして『誰が買うか』とバカにしていました(笑)

しかし実際にトルネーダーエアーガンを使用すると基本的にはバフ1枚ですみ、さらに耐久性が向上したことにより、経済的になりました!

むしろ『最初から買うべきだった』と後悔するほどバフを駄目にした気がします(笑)

もっと目に止まるように押し出して売るべきじゃないかな?と思いましたが磨き業界で当たり前の道具過ぎるから当たり前のようにラインナップされているだけなのかな?

と言うことでコンプレッサーを持っている恵まれし磨き好きなDIY勢にはとてもおすすめです!

カーマットにもパルスは効果絶大です!

最後に「バフクリーナー」と言われる2000円前後で購入できる針のブラシのようなクリーナーはおすすめしません。

バフを傷める原因になり寿命が縮まりまるので、まだ水洗いの方が良いです。

それではまた〜!

関連記事